山口県の農業

はなっこりー

山口県生まれのいいとこづくしな野菜

画像:はなっこりー

中国では馴染みの深い野菜・サイシンとブロッコリーを合わせて作られた、山口県生まれの野菜・はなっこりー。栽培の負担が比較的少なく、品薄になりがちな冬期の緑黄色野菜として県内はもちろん、県外にも広がりつつあります。菜の花のような上品な見た目、クセがなく甘みのある味、さらに花から茎まで全て食べられる、いいとこづくしな野菜です。

栄養素

はなっこりーの親であるブロッコリーとサイシンは、ビタミン類やカルシウムなど栄養価の高い野菜です。はなっこりーも基本的に同じ栄養素を含んでいます。特にビタミンCは、元々数値の高いブロッコリーよりもさらに多く含んでいると言われています。内的・外的ストレスの緩和を手伝い、またコラーゲンの生成にもつながります。ビタミンB2は皮膚や粘膜の機能を維持するのに必要な栄養素です。そのほか、腸内環境を整える手助けになる食物繊維などを含み、捨てるところがないので栄養も丸々いただくことができます。

選び方

画像:マーケット

はなっこりーは山口県内で収穫されて、新鮮な状態で店頭に並んでいます。中でも緑が濃く、茎がしっかりしたものをが美味しいサインです。

保存方法

冷蔵保存し、早めに食べ切りましょう。塩茹でして冷凍保存しても便利です。茹でる時は、ビタミンが流出しすぎないように茹で時間に注意しましょう。

調理・料理

画像:キッチンの女性

はなっこりーはほんのり甘みがあり、クセのない味が特徴です。また、葉や花から茎まで、全て食べられるので下処理もなく、ゴミも出ません。さっと塩茹でしてサラダにしても美味しく、また油炒めや天ぷら、シチューなどにも幅広く使えます。コロッケの中に混ぜ込んだり、潰してソースにするのもオススメ。はなっこりーは生まれてから間もない野菜なので、まだまだ新しいメニューが考案されています。

栽培状況

画像:生産者

はなっこりーは元々、「お年寄りや女性でも簡単に作れる、軽くて収穫が楽な野菜」を目指して開発されました。発祥地であり県内最大生産地域である山口市名田島を中心に、多くの女性がはなっこりー栽培に関わっています。山口県では栽培マニュアルを作成し、新たな担い手の確保とともに、栽培環境の整備・改善に積極的に取り組んでいます。収穫時期が長く、収穫量も安定しているはなっこりーは、沿岸部から中山間地域まで、全県各地で栽培が広がりつつあります。また、緑野菜が少なくなる冬期の労力活用品目としても注目されいます。

はなっこりーは秋から春にかけてが旬です。中山間部では10月〜11月、沿岸部付近では11月〜4月に収穫時期を迎えます。