山口県の農業

けんちょう

画像:けんちょう

山口県では馴染みのある郷土料理、けんちょう。地域によっては「けんてん」「けんちょう煮」とも呼ばれています。大根、人参、豆腐だけのシンプルな料理ですが、少し濃いめの甘辛味付けがご飯によく合います。アレンジで鶏肉や油揚げを入れても美味しくなります。

材料

木綿豆腐 1丁
大根 400g(1/3本ぐらい)
人参 100g(1/2本ぐらい)
粉末だし 小さじ1ぐらい
醤油、砂糖、酒 大2ずつ(同量ずつ)

作り方

  1. 1. 大根、人参はイチョウ切りにします

    • 煮崩れないよう、少し厚めに切ります。
  2. 2. ごま油で大根、人参を軽く炒めます

    • 油を回すと煮崩れしにくくなり、コクが出ます。
  3. 3. 豆腐を手で崩しながら入れていきます

    • 木べらで混ぜながら、さらに崩していきます。水分を飛ばすように少し炒めます。
  4. 4. だし、醤油、砂糖、酒で味を整え、柔らかくなるまで煮ます

    • 野菜や豆腐から水分が出るので、水は加えなくても大丈夫です。