地域情報 防府とくぢ統括本部

【防府とくぢ】徳地ピーマン選果場の稼働が始まりました

2020.06.08

防府とくぢ統括本部では徳地ピーマン選果場の稼働が6月1日から始まりました。山口市徳地地区は県内では有数の生産地で、ハウス栽培の「さらら」が集荷され、初日は20ケース集荷されました。「さらら」は果形がやや長めで果肉も厚く苦みが少なく料理がしやすい品種で、今年は4月中旬ごろ朝晩が寒かったため、緩やかな生育となりましたが、ツヤがよくサイズも大きいものもあり、品質が良いものができています。6月中旬からは露地栽培の「京ひかり」も出荷が始まり、7月中旬から8月中旬にピークを迎えます。これから11月初旬まで集荷され、出荷量100㌧、反収5㌧を目指します。集荷された徳地ピーマンは防府・周南・宇部などの市場へ出荷されます。

目でキズ・形を確認して選別機に流します


お知らせ一覧に戻る