地域情報 周南統括本部

【周南】周南市立夜市小学校、初のバケツ稲作りに挑戦

2020.07.01

周南西部営農センターと戸田支所は、6月11日に周南市立夜市小学校の5年生の児童19人を対象に、バケツ稲の植え付けの授業を行いました。JA営農指導員から説明を受けながら、約2週間育てたコシヒカリの苗を2~3本ずつ束ねて、バケツの中心から均等に3ヶ所植え付けました。
昨年まで地域の協力で田植えを行ってきましたが、今回初めてバケツ稲に取り組みます。担任の山内文夫教諭は、「土づくりから田植えを体験できるバケツ稲で、児童が身近に農業に触れることができ大変嬉しく思います。今後の授業、社会科『米作り農家の学習』にもつながり、農家の想いを感じる上でも貴重な経験です」と話しました。
これから児童や教職員が協力して水やりなど栽培を続け、秋には家庭科授業で、お米を炊いて食べるといいます。

熱心に土づくりに励む児童たち


お知らせ一覧に戻る