地域情報 下関統括本部

【下関】越冬甘熟ミカン「ひとめぼれ」を味わいませんか?

2022.01.20

下関柑橘組合は1月13日、下関市で特産ミカン「下関越冬甘熟みかんひとめぼれ」の出荷を始めました。8月の多雨で生育が心配されましたが、天候の回復で糖度は良好。下関柑橘選果場で梱包し、首都圏と県内市場へ、糖度12.5以上の濃厚な甘味を届けます。

「ひとめぼれ」は、通常より1カ月以上遅く収穫して、樹上で完熟させた早生・中生温州ミカン。厳寒期に果実に袋を掛け、寒さと鳥獣被害を防ぐ他、出荷時には傷の有無や形を確かめながら手作業で1玉ずつ袋に包むなど、手間をかけて生産しています。

同組合の10戸が栽培し、1月末まで7㌧を出荷予定。園地を定期巡回し、糖度検査で基準を満たした果実のみを出荷します。組合長の安成英生さんは「信用を落とさないように、品質に自信のあるミカンのみを出荷している」と自信を見せました。

袋に包み、大切に出荷される特産ミカン「ひとめぼれ」


お知らせ一覧に戻る