地域情報 下関統括本部

【下関】県域の効率的な物流体制構築へ

2022.01.28

JA山口県下関統括本部は1月20日、下関市の配送センターで全農県域物流出発式を開きました。県内の物流体制のブロック構想を見据えて、同センターを県西部の物流拠点と位置づけます。効率的な配送で、資材コスト低減や組合員の利便性向上を図ります。

同JAはスケールメリットを生かして、生産資材コスト低減のため、県域・ブロック域での効率的な物流体制構築に取り組んでいます。同センターは県内で7番目の稼動。JA、全農物流など関係者約20人が参加しました。

平田敦隆常務が「物流の拠点を整備し、組合員ファーストで業務に取り組もう」とあいさつ。テープカットを行い、肥料、農薬、生産資材、生活資材、飼料を農家へと届ける配送車両を送り出しました。

テープカットで県域物流の出発を祝う


お知らせ一覧に戻る