地域情報 下関統括本部

【下関】「南津海」の目合わせ会

2022.04.19

 下関柑橘組合は4月12日、下関柑橘選果場で初夏のかんきつ「南津海(なつみ)」の目合わせ会を開きました。生産者、JA、関係者など19人が、出荷を前に、果実を基に出荷基準と品質の統一を確認しました。

 「南津海」は濃いオレンジ色の果皮と爽やかな甘味が特徴の初夏のかんきつです。4月下旬から5月中旬までに25㌧の出荷を目指します。同組合は、ほとんど種のない「南津海シードレス」の取り組みを進めており、25㌧のうち18㌧を出荷予定です。今年は寒さに負けることなく生育は順調で、高糖度に仕上がっています。

 安成英生組合長は「順調に仕上がっているので、非常に期待している。初夏の香りを味わってほしい」と意気込みました。

基準と品質の統一を確認


お知らせ一覧に戻る