地域情報 下関統括本部

【下関】ホワイトアスパラガス収穫進む

2022.04.19

 山口県最大規模のアスパラガス産地、下関市でホワイトアスパラガスが収穫期を迎えています。バイヤーの要望を機に、一層の産地振興を目指して、2010年からホワイトアスパラガスに取り組む下関アスパラ部会。20戸のうち3戸が栽培を担います。22年産は寒さで若干収量は落ちていますが、品質は良好です。3~5月に主に県内へ、約1㌧の出荷を見込みます。

 ホワイトアスパラガスはグリーンより太めで、癖がなく、甘味があるのが特徴。青果として販売されるのは珍しく、加工品にはない歯ごたえを持ちます。ハウス内に遮光フィルムを張り、グリーンと同じ品種を真っ暗なトンネルで育てます。光に当てるとすぐに色づいてしまうため、管理に気を遣うとのことです。

 手間はかかりますが、知名度が低く、高単価に結びついていないのが課題。消費者に食べ方を知ってもらえるよう、PR活動に力を注いでいく考えです。生産者の異儀田厚実さんは「安全・安心で甘くておいしい。生は期間限定なので、試しに食べてみて」とPRします。

生のホワイトアスパラガスは期間限定です


お知らせ一覧に戻る