地域情報 下関統括本部

【下関】優績法人たたえ、拡充を目指す

2022.04.28

 山口県農協下関集落営農法人協議会は4月20日、第15回通常総代会を開きました。農事組合法人、JA、行政など65人が参加。2021年度の事業報告、22年度の事業計画を承認し、水稲・麦・大豆の重点項目コンテストの優績法人を表彰しました。
 21年度は、次年度事業に反映させるために、例年11月に開催する「市長との意見交換会」を8月に前倒しで開催。22年度は水稲の研修会を拡充させていきます。
 川岡康男会長は「世界情勢の影響を受けて、法人経営には厳しい1年となるが、協力して頑張っていきたい」と話しました。
 コンテストでは10㌃当たり収量増加、品質向上に向けて、水稲は「9つの重点実施項目」、麦・大豆は「6つの重点実施項目」を順守し、実績を上げた法人を表彰しました。
 コンテスト受賞法人は次の通りです。
▽水稲の部・山口県農協下関統括本部本部長賞=農事組合法人久野ファーム
▽水稲の部・下関市農業技術支援協議会会長賞=農事組合法人坂ノ上の里
▽小麦の部・同本部長賞=農事組合法人朝生
▽小麦の部・同会長賞=農事組合法人植松
▽大麦の部・同本部長賞=農事組合法人松屋
▽大豆の部・同本部長賞=農事組合法人吉田ファーム

21年度のコンテスト受賞者


お知らせ一覧に戻る