地域情報 下関統括本部

【下関】秋の実りを祝う神事

2023.10.05

山口県下関市の住吉神社で9月中旬、秋の収穫を祝う神事「御田刈祭」が開かれました。
神職や氏子総代、刈女ら約20人は神饌田(しんせんでん)に実った「イセヒカリ」を鎌で丁寧に刈り取りました。刈り取った稲ははぜ掛け後、精米して1年間神前に供えられます。
刈女はJA山口県下関統括本部の女性職員4人が務めました。
同統括本部の松屋麻奈美さんは「住吉神社で神事をしているのを知らなかった。お米に感謝を捧げる神事を経験して、収穫の大変さがわかり、お米を大切に食べようと思った」と話しました。

黄金色に実った稲を刈り取る「刈女」


お知らせ一覧に戻る