地域情報 周防大島統括本部

【周防大島】正月飾りのようなミカンを収穫、周防大島町の中原一徳さん

2024.02.05

 周防大島町の中原一徳さんのかんきつ園地で大小2つの果実がつながった珍しい形の果実が出来ました。中原さんは「農業を始めて20年以上になるが、初めての経験。何かええことがあるかの」と驚いた様子。
 品種は「せとか」で、1月16日に収穫作業中に発見。大きい果実の果頂部分から小さい果実が出来ています。小さい果実にも果基(ヘタ)があり、それぞれの果実で果肉がじょうのう袋に覆われています。
 周防大島町東安下庄のかんきつ振興センターに果実を確認した所、開花時の気温が高いと奇形果が発生しやすく、果頂部分が肥大することでだるま型になるケースがあるが「2つの果実それぞれにヘタが形成されていることは非常に珍しい」とのこと。
 中原さんが最寄りのJA山口県沖浦ふれあい店に1月17日に持ち込みました。同日は「おむすびの日」のイベント開催中で正月飾りのような姿に来場者の注目を集めていました。

正月飾りのような「せとか」を手にする中原さん


お知らせ一覧に戻る