JAの「地域営農塾」に参加しませんか?

JA山口県では、「食」の大切さを伝えるため体験を通じ、
楽しみながら「食農教育」を学べる「農業体験」を開催しております。
親子でも参加できるイベントもありますのでぜひご参加ください。

農業体験って
なにをするの?

ご案内キャラクター

土や自然の生きものとのふれあい、そして農業の苦労や収穫の喜びが体験できます。種をまき、作物を育てて、収穫して大切にいただく。単に地元の農作物を食べるだけではなく、育てることから農業を知ってもらい、子どもたちに「食の大切さ」「食を支える農の役割」「いのちと健康の尊さ」を学んでもらおうという取り組みです。

農業体験の
お申込方法

ご案内キャラクター

  1. お住いの地域を選ぶ。
  2. 参加したい「農業体験」を探す。
  3. 「お問い合わせ」先に連絡をする。

地域別で「農業体験」を探す	詳細に記載の各お問い合わせにご連絡ください。

南すおう統括本部

ちんぐう・どべたスクール

難易度
食農教育(親子向け)
開催時期
令和3年5月から令和4年12月
開催場所
南すおう統括本部管内
定員
20名
回数
6回開催
料金
年会費児童1人6,000円
保護者は原則不要、内容によってご負担いただく場合あり
講師
・JA職員(組合員課・営農指導員)
・女性部員・青壮年部
・生産者
応募締切
令和3年2月1日(月)~3月31日(水)まで
対象者
南すおう統括本部内の小学生
[柳井市・平生町・田布施町・平生町・上関町・光市(旧大和町)の小学1年生~6年生まで]
内容
令和3年度カリキュラム
問合せ
南すおう統括本部 組合員課 担当(田辺)
TEL 0820-22-9000

防府とくぢ統括本部

アグリスクールちゃぐりん農園

難易度
食農教育(親子向け)
開催時期
令和2年5月~令和3年2月
開催場所
防府とくぢ統括本部管内
定員
児童24名
回数
年間9回(原則第3土曜の午前中)
料金
児童1人 6,000円
(ちゃぐりん誌年間購読代)
講師
・JA職員(営農指導員)
・生産者 など
応募締切
令和2年4月30日
※応募多数の場合は選考
※今年度は締め切りました
対象者
防府とくぢ統括本部管内の子ども(園児、小学生)とその家族
内容
令和2年度カリキュラム
5/16 開講式(種まきと植え付けなど)
6/20 たんぼの学校(田植え)(中止)
7/18 夏休みお楽しみ教室(バーベキュー)
8/8 ペタンク大会
10/17 たんぼの学校(稲刈り)
11/21 ミカン狩りウォーキング
12/6 防府市農林水産業まつり(中止)
1/16 1年間のまとめを作ろう(予定)
2/20 閉校式(餅つき)
令和3年度は内容が決まり次第、詳細を掲載します
問合せ
防府とくぢ統括本部 組合員課
TEL 0835-23-6511

宇部統括本部

ちゃぐりん学級

難易度
食農教育(親子向け)
開催時期
年間を通して
開催場所
宇部統括本部管内の圃場または施設
定員
20家族(申込み多数の場合は抽選)
回数
5回程度
料金
6,000円
講師
組合員及び営農指導員
応募締切
随時受付
対象者
3歳から中学生までのお子様とその家族
内容
子供達が、農業体験を通して「いのち」の大切さを学べる親子参加型の楽しい「食」と「農」の活動です。
令和3年度は内容が決まり次第、詳細を掲載します
問合せ
宇部統括本部 組合員課
TEL0836-31-7611

長門統括本部

ちゃぐりんフェスタ

難易度
食農教育
開催時期
8月
開催場所
JA山口県 三隅支所
定員
25名
回数
1回開催
料金
参加費200円(税込)
講師
JA職員
応募締切
令和2年度はコロナのため中止
対象者
三隅地区の小学生
内容
料理
工作
令和3年度は内容が決まり次第、詳細を掲載します
問合せ
三隅支所
TEL 0837-43-0411

穂垂米稲刈り体験バスツアー

難易度
食農教育(親子向け)
開催時期
9月
開催場所
長門市俵山
定員
40名
回数
1回
料金
無料
講師
水稲生産者・瑞穂糧穀・JA職員
応募締切
令和2年度はコロナのため中止
対象者
マックスバリュの消費者
内容
稲刈り体験
むすび作り
瑞穂米クイズ大会
俵山温泉入浴
令和3年度は内容が決まり次第、詳細を掲載します
問合せ
長門統括本部 営農センター
TEL 0837-22-3170

米粉料理教室

難易度
食農教育
開催時期
11月から随時
開催場所
長門市内小学校
定員
回数
現在2校で開催済み
料金
無料
講師
JA職員
応募締切
バケツ稲終了後小学校へ案内
対象者
長門市内小学校
内容
米粉を使った料理教室
令和3年度は内容が決まり次第、詳細を掲載します
問合せ
長門統括本部 総務管理課
TEL 0837-22-8871

WELCOME農業に戻る