食農教育

周南統括本部

「食と農」を基軸とした体験学習を通じ、「食」と「農」への関心を高め、「食の大切さ」「食を支える農の役割」「いのちと健康の尊さ」への理解を広げ、食・農・地域のかけ橋となることを目指し活動を行っています。

地域の子どもたちや住民の方を対象にした、タマネギの収穫体験を地元の農事組合法人のご協力をいただき行っております。また、周南市内の幼稚園では、バケツ稲の取組みを2014年から行い、稲の成長、そして収穫の喜びを体験しています。

イベントの様子

ちびっこ倶楽部、大自然の中で「作る」「食べる」を満喫

周南統括本部ちびっこ倶楽部は、8月8日、「親子で夏休み工作・おにぎり作ろう」のイベントを周南市須々万のふれあいの森なんでも工房で開きました。親子121人が参加し、竹とんぼ等の工作教室や、おにぎり作り、ソーメン流しなどを楽しみました。 竹とんぼ教室では、小学1年生や幼児を対象に、地元ボランティア3人が講師となり、組み立て、絵付けを指導しました。出来上がった作品の飛ばし方を教わり、子供たちは飛ばした竹とんぼを元気に追いかけていました。また高学年を対象にした本立てでは、職員がくぎ打ち等をサポートし、こどもたちは木材、一本一本の組み立てに熱心に挑戦していました。 おにぎり作りでは、炊き立てのごはんに、わかめ、五目風、ふりかけなど、ボールに入ったお好みの具材を使い、親子でおにぎりを握りました。 また、地下120メートルから湧き出る冷たい水を使ったソーメン流しが人気を集めました。この日、こどもたちは食と学びで素敵な時間を過ごしました。
同本部が主催するちびっこ倶楽部では、食と農の大切さや尊さなどを体験できるイベントを毎年開催しています。こどもたちが食農活動を通じ、楽しみながらいっぱい学び親子で触れ合える活動を続けています。倶楽部 周南市・下松市・光市(旧大和町エリアは除きます)にお住まいの、小学6年生以下のお子様は、どなたでも会員になれます♪ ご興味を持たれた方は、下記ちびっこ倶楽部事務局までご連絡下さい。 JA山口県周南統括本部 組合員課 TEL:0833-41-2323 平日8:30~17:00
  • 本立てづくり
  • おにぎり作り
  • 大ソーメン流し
  • 自然の中のこどもたち

ちびっこ倶楽部、牧場で農業体験学習

ちびっこ倶楽部は、7月24日に防府市の池田牧場で、ちびっこ倶楽部会員と親子を対象に牧場体験イベントを開き、14家族、44人が参加しました。 同倶楽部では、小学生以下のこどもを対象に「食」を支える農業に関する知識や体験も含んだ「食農教育」の大切さを伝えることを目的として、親子で生き物や自然の恵みに触れ合えるイベントを実施しています。 池田牧場より生育について説明を受けた後、「乳搾り」や「餌やり」を体験しました。牛と触れ合った後に、牧場内の農家レストラン「ミルクキッチン サンサン」で搾りたてのミルクを試飲し、ミルクを使ったピザを食べました。 当イベントを企画した、同倶楽部事務局の組合員課武居英昭さんは、「子供たちが緊張しながらも牛と触れ合い、笑顔で餌やりする姿はとても印象的でした。今後も魅力ある食農イベントを企画したい」と、今後の活動について意気込みを話しました。
  • 乳搾り体験
  • 餌やり体験
  • 牧場体験をしたちびっこ倶楽部員

たまねぎ収穫体験イベント

  • 収穫を喜ぶ子どもたち
  • タマネギを収穫する子どもたち
  • 集合写真
  • タマネギクイズ

バケツ稲収穫体験イベント

  • 力いっぱい稲を収穫する園児