組合員・利用者本位の業務運営に関する取組方針

制定 令和6年4月1日

 JAグループは、食と農を基軸として地域に根ざした協同組合として、助け合いの精神のもとに、持続可能な農業と豊かで暮らしやすい地域社会の実現を理念として掲げています。

 当組合では、『わたしたちは、親しみと信頼で人と人をつなぎ、次代にわたり、ふるさとの農業とくらしを支え続けます。』の経営理念のもと、2017年3月に金融庁より公表された「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択するとともに、組合員・利用者の皆さまのライフプランとマネープランに応じ、目的(つかう・ためる・ふやす・そなえる)に合った商品・サービスの提供を通じた豊かな生活づくりに貢献するため、以下の取組方針を制定いたしました。

 今後、本方針に基づく取組みの状況を定期的に公表するとともに、より組合員・利用者本位の業務運営を実現するため本方針を必要に応じて見直してまいります。

注)共済事業は、当組合と全国共済農業協同組合連合会(以下、JA共済連)が、共同で事業運営しております。JA共済連の「組合員・利用者本位の業務運営に関する取組方針」は、JA共済連ホームページをご参照ください。

1.組合員・利用者への最適な商品提供

(1)金融商品

組合員・利用者に提供する金融商品は、特定の投資運用会社に偏ることなく、社会情勢や手数料の水準等も踏まえたうえで、組合員・利用者と向き合い多様なニーズにお応えできるものを選定いたします。なお当組合では、金融商品の組成に携わっておりません。【原則2本文および(注)、原則3(注)、原則6本文および(注2、3)】

・JAバンクでは、業態の中央機関である農林中央金庫において、安定型から積極型まで幅広い商品を揃えつつ、組合員・利用者にとっての選びやすさも考慮し、一定の商品数に絞った「JAバンク セレクトファンド」をご案内いたします。

・「JAバンク セレクトファンド」のラインアップは、主に以下の基準をもとに商品を選定しております。選定にあたっては外部有識者の知見も踏まえ検討しており、定期的に各商品の運用実績などのモニタリングも行い、組合員・利用者にとって最適な商品をご提案いたします。

①長期投資
将来の備えに向けて、「長期投資」を前提とした投資信託であること(いわゆるテーマ型ファンドではないこと)
②手数料
手数料が良心的な水準であること
③運用実績
過去の運用実績が相対的に良好であること
④将来性
これから将来に向けて資産を築いていく資産形成層に向けては、過度に分配金を捻出する投資信託ではないこと
⑤運用体制
運用体制について、外部機関の評価を得ていること

(2)共済仕組み・サービス

組合員・利用者の生活や農業を取り巻く様々なリスクに対して、「ひと・いえ・くるま・農業」の総合保障を通じて組合員・利用者一人ひとりに寄り添った最良・最適な共済仕組み・サービスを提供いたします。【原則2本文および(注)、原則3(注)原則6本文および(注2、3)】
当組合では、市場リスクを有する共済仕組み(例:外貨建て共済)の提供は実施しておりません。

2.組合員・利用者本位のご提案と情報提供

(1)信用の事業活動

組合員・利用者の金融知識・経験・財産、ニーズや目的に合わせて、組合員・利用者にふさわしい価値ある商品をご提案いたします。【原則2本文および(注)、原則5本文および(注1~5)、原則6本文および(注1、2、4、5)】
当組合では、「資産運用ガイダンス」を活用して私たちのお金をとりまく環境、資産形成の必要性、「資産分散・長期投資・時間分散」の重要性、税制優遇制度(NISA、iDeCo)等について組合員・利用者の理解度に応じて丁寧に説明いたします。金融商品のご提案においては、組合員・利用者との対話の中で、ライフイベントに沿って「つかう・ためる・ふやす」等お金の色分けを一緒に考え、運用目的に寄り添ったご提案をいたします。また、高齢者取引には役席者を同席させるなど、厳格な適合性判定を実施のうえ、慎重に対応いたします。
組合員・利用者の投資判断に資するよう、商品のリスク特性・手数料等の重要な事項について分かりやすくご説明し、継続的に必要な情報を十分にご提供いたします。【原則4、原則5本文および(注1~5)、原則6本文および(注1、2、4、5)】
当組合では、「スタイル診断シート」を活用して組合員・利用者のリスク許容度を4段階で判定し、各商品のリスク度や手数料を一覧化した「セレクトファンドマップ」を用いて組合員・利用者のリスク許容度に応じた商品をご案内いたします。また、組合員・利用者ご自身で残高・時価情報を確認できる「JAバンクアプリ」や、「各種報告書類の見方」をご案内させていただき、運用会社作成のレポート等を含め継続的に必要な情報を十分にご提供いたします。
組合員・利用者にご負担いただく手数料について、組合員・利用者の投資判断に資するように、丁寧かつ分かりやすい説明に努めます。【原則4、原則5本文および(注1~5)、原則6本文および(注1、2、4、5)】
当組合では、組合員・利用者からいただく手数料や報酬については、契約前に書面にて提示し、分かりやすく説明いたします。

(2)共済の事業活動

組合員・利用者に対して、各種公的保険制度等に係る情報提供を行うとともに、一人ひとりの加入目的・ライフスタイルの変化やニーズに沿って「そなえる」等お金の色分けを一緒に考え、最良・最適な保障・サービスをご提案いたします。【原則2本文および(注)、原則5本文および(注1~5)、原則6本文および(注1、2、4、5)および原則7 】
当組合では、組合員・利用者のご要望にお応えするために、職員が継続的に教育研修を行い十分な知識を習得いたします。また、商品・サービスの提供についてタブレット型端末機等を用いて視覚的に分かりやすく説明いたします。
保障の加入・ご契約にあたっては、「農業協同組合法」「消費者契約法」「金融サービスの提供に関する法律」などの法令に基づき、ご意向を的確に把握・確認したうえで、ご契約に関する重要な事項を「重要事項説明書(契約概要)」「重要事項説明書(注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」等をお渡しして説明を行います。特にご高齢の組合員・利用者に対して、より丁寧に分かりやすく説明するとともに、ご契約時にはご親族の同席等を徹底するなど、ご親族も含めてご納得いただけるようきめ細やかな対応を行います。なお、保障の加入にあたり、共済掛金の他に組合員・利用者にご負担いただく手数料等はございません。【原則2本文および(注)、原則4、5本文および(注1~5)、原則6本文および(注1、2、4、5)】
当組合では、契約締結時における対応として、支所管理者よりサービスの向上やコンプライアンスの遵守のため、ご意向に沿ったご契約内容であるか等を確認いたします。
各種手続きやアフターフォローについて、組合員・利用者に対していつも身近な存在として、日々の接点を通じて親切丁寧に分かりやすい説明を行います。また、共済金をご請求いただく場合の手続きの流れ等について、ホームページに各種共済の「ご契約のしおり・約款」を掲載しています。【原則2本文および(注)、原則4、5本文および(注1~5)、原則6本文および(注1、2、4、5)】
当組合では、3Q訪問活動等を通じて感謝の気持ちをお伝えするとともに、ご契約者さまがインターネットやアプリで現在のご契約内容等の確認や、各種変更手続き等ができるようにWebマイページのご案内等を通じて、利便性を向上させます。

3.皆さまからの「声」を活かした業務改善

組合員・利用者からいただいた「声(お問い合わせ・ご相談、ご要望、苦情など)」を誠実に受け止め、公正・迅速・誠実に対応し、皆さまの理解と信頼が得られるよう業務改善に取組みます。【原則2本文および(注)】
当組合では、組合員・利用者一人ひとりに寄り添った活動に取組みます。

4.利益相反の適切な管理

組合員・利用者が商品をお選びいただく際の情報提供および金融商品の販売・推奨や共済仕組みの提案・契約等において、組合員・利用者の利益を不当に害することがないように、「利益相反管理方針」に基づき適切に管理いたします。【原則3本文および(注)】
当組合では、投資信託の販売における利益相反が生じる可能性が高い場面において、「重要情報シート」を活用して組合員・利用者に利益相反が生じる可能性を具体的に説明いたします。

5.組合員・利用者本位の業務運営を実現するための経営理念に沿った人材育成と態勢の構築

研修による指導や資格取得の推進を通じて高度な専門性を有し誠実・公正な業務を行い『組合員・利用者目線で自ら考え動く』ことができる人材を育成し、組合員・利用者本位の業務運営を実現するための態勢を構築いたします。【原則2本文および(注)、原則6(注5)、原則7本文および(注)】
当組合では、組合員・利用者の信頼を獲得し、満足していただける金融商品・共済仕組み・サービスを提供できるよう、職員の継続的・定期的な研修を実施するとともに、組合員・利用者の多様な資産運用や保障ニーズに応え、的確な金融商品・保障・サービス提供、堅実な事務を行うため、資格取得等に取組みます。

(※)上記の原則および注番号は、金融庁が公表している「顧客本位の業務運営に関する原則」(2021年1月制定)との対応を示しています。

附則
1 この方針は、令和6年4月1日から施行する
2 この方針の変更は、令和3年12月1日から施行する。
3 この方針の変更は、令和3年12月1日から施行する。
4 この方針の変更は、令和5年2月1日から施行する。
5 この方針の変更は、令和6年4月1日から施行する。